筋トレにはダンベルが必要

やっぱり、男に生まれたら、筋肉のついた体に憧れますよね。

 

マッチョではなくても、格闘家のような体になれたらいいなと一度は

 

思ったことがあると思います。

 

そこで、ダンベルを使った筋トレをおススメします!

 

筋トレには自重トレーニングもありますが、やはり体を早く大きくしたい、

 

筋肉を大きくしたいのであれば、ダンベルが必要です。

 

スポーツジムへ行けば、トレーナーもついてくれるし、器具も揃っていますが、

 

お金がかかるので、お金をかけたくないのであれば、まずはダンベルを購入しましょう。

 

コロナウィルスの影響でスポーツジムに行けなくても、ダンベルがあれば、自宅で好きな時に

 

全身を鍛える事が出来きますし、ジムに通うのがめんどくさいと思っている方にも

 

オススメします。

 

家で空いた時間を使ってトレーニングしてみましょう! 

 

自分の理想の体を手に入れるには時間がかかりますが、ジムに通わなくても

 

自宅で十分近づけることが出来ます。

 

ダンベルに合わせて購入したほうが良い物、ちょっとした知識も書いていくので、

 

良かったら見てください。 

 

あなたの筋トレライフに貢献することが出来たらうれしいです。

 

それでは、どこでダンベルを購入することが出来るのか、紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ダンベルを購入するのならここがおすすめ!

 

 

ダンベルはネット通販で購入することができます

 

ファイティングロード ここで自分は初めてダンベルを買いました。(10年前)
  ↓      ↓

 

2020年8月15日にサイトを覗きましたが、昔購入した頃と値段に変わりないですね。

 

ここではダンベル以外にもバーベルやトレーニングマシン、格闘家が使うサンドバックなど
購入することが出来ます。

 

住んでる家が広ければ、トレーニングマシンを買ってしまった方が
ジム代も浮きますし、大きな負荷で鍛えることが出来るので、
早く筋肉を大きくすることが出来ると思います。

 

しかし、大きいので場所も取りますし、やめてしまったら
勿体ないので、初心者にはおススメしません。

 

まずはダンベルでトレーニングして続くかどうか、試してから考えてみるのを
オススメします。

 

ダンベルでトレーニングして、もっとハードな練習をしてみたいと思われた方
にトレーニングマシンをおすすめします。

 

でも、値段が高いのでは?と思われるかもしれませんが、
ダンベルブラックタイプだけなら、20キロのセットで5350で購入することが出来ます。

 

現在はダンベルラバータイプは売り切れていますが、ダンベルブラックタイプは購入可能です。

 

(注)値段は変動することがあるので、サイトでご確認ください。

 

20キロで足りなくなった方はプレートを単体で購入することが出来ますので、
重量を増やすことが可能です。

 

 

 

 

 

 

ダンベルの重量は?何キロのセットを買えば良いのか?

 

 それでは何キロのセットを買えば良いのか?ですが、初心者は20キロのセットで
 十分です。まずは続けることを目標にしましょう。

 

 鍛えてこなかった人がいきなり、重いプレートで練習するとケガをする可能性があるので、
 軽いプレートを使って練習してみましょう。 

 

 プレートの枚数で重さが変わるので、物足りなくなったら増やせば重い負荷で
 練習することが出来ます。軽い重さで練習して慣れてきたら少しずつ負荷を
 大きくしていくのが良いです。

 

 重量を変えるタイミングですが、きつく感じなくなったら増やしてみるのが
 いいと思います。

 

 楽に感じる負荷でずっと続けても筋肉は大きくならないので、
 軽くこなせるようになったら増やしてみましょう。

 

 トレーニングするととタイミングがつかめるようになります。
 続けることで理想の体型に近づくことが出来ます。
 時間はかかりますが焦らずにやれば結果がでます。

 

 あと必ずトレーニング前にやって欲しいのは準備運動です。

 

 準備運動、ストレッチはめんどくさくても必ずやりましょう。痛めてしまうと
 癖になりますし、なかなか治りません。ケガをしたら治るまで時間が
 かかるので、予防として非常に重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋トレのメニュー、おすすめの本

ダンベルカール、ダンベルプレス、ダンベルショルダープレスなど、
名前を全て把握できないほど、豊富です。

 

筋トレのメニューですが、自分の場合は上半身、下半身を二日に
分けて鍛えてます。上半身を鍛えたら48時間空けて下半身の
トレーニングをします。

 

 

ダンベルを使ったトレーニングの場合は、筋肉の修復をする為に
休ませないと効果がないらしいので、毎日はやりません。

 

日によって、今日は腕だけとか、部位ごとに鍛える人もいるので
トレーニングの内容によりますが、好みですね。

 

ちなみに自分の場合、メニューや知識などは本は載っていたものを
参考にしてます。

 

この本はダンベルトレーニングをやる上でとても参考になりました。
  ↓ ↓

 

トレーナーがいなくても、本があれば基本的なことはマスター
できますし、メニューや知識を書いた本が沢山あるので、
一冊持っておくことをおすすめします。

 

書店に行かなくてもアマゾンで購入できるので、レビューなどを
見ながら買うのもいいと思います。

 

youtubeからも知識、正しいやり方などを紹介している
チャンネルがあるので、登録しておくと良いです。

 

新しいトレーニングなど、参考になったと思えるトレーニングを
普段のメニューに加えていけば、自分だけのオリジナルメニュー
もできます。

 

自分にあったトレーニングを見つけてください。

 

 

筋トレの効果

 筋トレの効果ですが、筋トレをやる前まではすぐ諦めたりしてしまったり、
 嫌なことがあるとすぐに逃げてしまうような、人間でした。

 

 筋トレを始めたことにより、今では、様々な事を続けられるようになりました。
 資格勉強、英語、料理など一見関係ないことも毎日少しずつでは
 ありますが、続けられています。

 

 心理学者ではないので、断言していいのかわかりませんが、
 続けるコツとか、嫌なこと、苦しいことを投げ出さないように
 なりました。

 

 とは言っても、どうしてもやる気が起きない日があります。
 その場合はその日は何もしない休息日にします。

 

 無理に毎日やると挫折につながるので、一番重要なことは
 続ける事、続けるための工夫です。

 

 あと、トレーニングが終わると充実するんですよね。キツイのですが、
 気持ちが前向きになるので、ストレス解消になると思います。

 

 筋トレをして良かったと一番思うのは体の変化ですね。トレーニングをした量だけ
 反映されるので、努力が目で見ることが出来るんですよね。

 

 自分は中年で、太りやすく、だらしないお腹でしたが、筋トレを始めると
 引き締まりましたし、太りにくい体になりました。

 

 加齢と共に運動能力は衰えて来ますが、筋トレをすれば筋肉量を
 維持できますし、若々しさを維持できますし、やっぱり体型って
 自信につながるので、筋トレはやるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋トレをダンベルを使ってするならマット、手袋を使おう

 

 ダンベルで筋トレをするにはマットは必要不可欠です。ダンベルを床に
 そのまま置くと床が傷だらけになってしまいます。重いので落下させたら
 床が大変なことになります。

 

 それだけではなく、筋トレをすると汗だくになるので、汗がぽたぽた垂れます。

 

 そんな時にマットを敷けば、床を傷だらけにすることなく、汗を気にせずに、
 筋トレに専念することができます。

 

 ファイティングロードは筋トレのマシンだけではなく、マットも売っていますので、
 ダンベルと一緒に購入することをおすすめします。

 

 
 

 

 

 あとはウェイトトレーニング用のグローブを買うことをお勧めします。
 ダンベルを持つときに手に食い込むので、手が痛いんですよね。
 グローブしていれば、痛みを気にすることなく練習することができますので
 こちらも必要不可欠なものとなります。

 

 ダンベル以外にもお金がかかりますが、基本的に一度買えば、かなり長い間
 利用することが出来るので、揃えましょう。

 

 やはり、気が散りながら筋トレをしてしまうのと、集中して筋トレをすることが
 出来るのでは、結果がかなり違ってきますので、まず集中できる環境を
 整えましょう。

 

 あとは、腹筋ローラーや、トレーニング用のベンチがあると、さらにバリエーションが
 豊かになります。

 

 家に小さなスポーツジムが出来たと思って、場所や費用を考えながら、
 必要と思ったトレーニング器具を追加していくと、トレーニングの幅が
 広がるので、徐々に増やしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴
トップへ戻る